給湯器の交換をする|自分の住まいの環境は自分で整える

powerful water heater

気にしないこと

きちんと、考えましょう。

water heater

家を建てる時、あまり気にしないで決めやすいのが給湯器ではないでしょうか。 しかし、最近はエコの事を考えたり、燃料の高騰など意識している方も増えてきたのではないでしょうか。 意識しているのであれば良いですが、一度設置してしまうと後から違う物を選ぶのは大変になります。 配管や設置スペースなど、なかなか変更できないと思うのでどんな種類があるのかを見てみたいと思います。 熱源は三つ。電気ガス石油になります。 電気給湯器の場合、二酸化炭素を出さない分環境にはやさしいでしょう。お湯を貯める方式のため、大きめの設置スペースが必要になります。お湯を貯めて利用するので、その分ロスになります。ですから家族が使う分を考えておく必要があるでしょう。

使い勝手がいいものを選ぶ。

ガス給湯器について。 ガスの場合お湯を貯めておかないので、その分ロスなく使う分だけお湯を沸かします。 どの給湯器にも言える事ですが、給湯器の設置位置から利用するまでの距離が長いと、その分冷めてしまうので気をつけましょう。特にガスの場合顕著になります。 スペースもコンパクトなので、電気給湯器のように場所はとりません。しかし室内に設置する場合、漏洩に気をつけなければいけないでしょう。 石油給湯器の場合は、ガスと同様に使う分だけお湯を沸かします。しかしガスに比べると、音が大きく匂いも若干あるのが特徴です。そして、2階にお風呂がある場合、ホームタンクから2階へポンプアップしなければいけません。このように様々な種類がありますが、燃料代などを考慮して最適なものを設置しましょう。